忍者ブログ
最新芸能ニュースをアップしていきます。 アフィリエイト情報も随時UPします。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
HN:
geinou
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
フリーエリア
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ADPOINTPRO-MOBILE-

 遠隔操作ウイルス事件で、「真犯人」とみられる人物から1日未明に産経新聞記者らに届いたメールに、ウイルスのデータなどが入った記憶媒体のUSBメモリーを東京都内の山中に埋めたことを示唆する写真が仕組まれていたことが同日、分かった。

 これまでの犯行予告や犯行声明と同じメールアドレスで、匿名化ソフト「Tor(トーア)」が使われていたことなどから、警視庁など4都府県警の合同捜査本部は真犯人から送られたメールと断定、山中を捜索したが、USBなどを発見できなかった。

 メールに添付されたアドレスのファイルを調べたところ、パズルが順番に出題され、最後の5問目に、ポリ袋に入ったUSBや石柱などの写真2枚と「ファイルを格納した記憶媒体を埋めた。今回は位置情報に細工は一切ない」などとする文書が出てきた。

 写真の位置情報は東京都奥多摩町日原地区で、東京、埼玉、山梨の3都県境にある雲取山の山頂近くを示しており、合同捜査本部は付近で写真に写っていたものと似た石柱を見つけて周辺を掘り返すなどしたが、何も出てこなかった。

 昨年11月には真犯人から自殺を示唆するメールが送られたが、添付された写真の位置情報が書き換えられいたとみられ、真犯人につながるものは見つからなかった。捜査関係者は「今回も報道機関を利用し、捜査の攪乱を狙った可能性がある」としている。



引用:捜査撹乱目的か…山中捜索もUSB発見できず “なりすまし”新年メール



PR
ADPOINTPRO-MOBILE-

 奈良市の猿沢池のそばに建つ老舗旅館「魚佐旅館」が来月3日、約150年の歴史に幕を下ろす。市内最大規模の旅館だったが、価格競争の激化や東日本大震災の影響などで宿泊客が減少し、資金繰りが悪化していた。

 魚佐旅館の正確な創業時期は不明だが、「うをや佐平」の屋号で江戸末期の文久2(1862)年の宿帳が残るほか、小泉八雲が宿泊したという資料も。修学旅行生客を中心に経営してきたが、平成7年の阪神大震災前後から客足が減少。22年に奈良市で開かれた「平城遷都1300年祭」で持ち直したもののが、翌年の東日本大震災で再び大きく減少した。

 建物老朽化による設備更新の課題も浮上。採算回復の見通しがたたなかったため、今月中旬に閉館を決めた。同旅館の金田充史専務(49)は「先祖代々の旅館を閉めるのは断腸の思いだが、財産があるうちの廃業を決めた」と話している。

 奈良観光に詳しい「奈良まほろばソムリエ友の会」の鉄田憲男事務局長(59)は、「奈良を象徴する老舗旅館だった。最近はインターネットで新たな顧客を開拓し、成果が見えていただけに残念」と惜しんだ。



引用:150年の老舗旅館「魚佐旅館」が閉館へ 小泉八雲も宿泊 



ADPOINTPRO-MOBILE-

 中央自動車道笹子トンネル(山梨県)で乗用車など4台が絡む玉突き事故が起きたことに伴う、同自動車道の一部区間での上下線通行止めは、30日午後6時半、解除された。

 事故は同日が午後3時25分ごろ西側入り口から約50メートル入った地点で発生。1人がけがで病院に搬送された。



引用:笹子トンネルの通行止め解除



ADPOINTPRO-MOBILE-

 宿泊予約サイトなどを運営する「リクルートライフスタイル」(東京都)の調査研究機関「じゃらんリサーチセンター」が実施したアンケートで、「もう一度行ってみたい温泉地」に神奈川県の箱根温泉が7年連続で1位に選ばれた。

 アンケートは9月にインターネットで実施。全国331の温泉地を選択肢として設定し、8721人が回答した。1位の箱根温泉は1623票を獲得。続いて、湯布院温泉(大分県)の1393票、草津温泉(群馬県)の1232票が多かった。神奈川県内の温泉では、ほかに湯河原温泉が40位に入った。

 箱根温泉は性別でも男女とも1位、年代別でも20~60代の全てで1位だった。「交通の便が良い」「街の雰囲気が好き」「自然に囲まれている」などの点が特に評価されたという。



引用:もう一度行きたい温泉は「箱根」 7年連続で全国トップ 



ADPOINTPRO-MOBILE-

羽田国交相は21日の閣議後会見で、三菱自動車工業のリコールを巡り厳重注意したことについて「三菱自動車の姿勢は、車両の不具合を早期に、確実に解消して安全を確保するリコール制度の目的に反するもので、極めて遺憾」と述べた。

国交相は「近く立入検査を実施するとともに、同社が改善策を確実に実施し、迅速で適確なリコールがされるよう引き続き指導監督していきたい」と述べ、今後も引き続き指導を行っていく考えを示した。

三菱自動車工業は、リコールの実施に消極的だったことやリコール届出などの過程で国交省への説明が不適切だったことから、19日に同省から口頭で厳重注意を受けていた。

《レスポンス 編集部》



引用:三菱自のリコールへの姿勢に国交相「極めて遺憾」



- HOME -
タイニードカーン・プロ
↓↓ 視力回復 ↓↓
↓↓ iPhoneアプリ ↓↓
↓↓ ロトイーグル ↓↓
リンク
フリーエリア
Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ