忍者ブログ
最新芸能ニュースをアップしていきます。 アフィリエイト情報も随時UPします。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
プロフィール
HN:
geinou
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
フリーエリア
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 ロンドン五輪開幕までわずか。テレビ局の中でもとくにソワソワしているのは現地入りするおじさんキャスターたち。「朝ズバッ!」(TBS)のみのもんた(67)、「とくダネ!」(フジ)の小倉智昭(65)、「Nスタ」(TBS)の堀尾正明(57)の3人。
 各局ともメーンキャスターは若手が務める。TBSは中居正広、フジは国分太一らで、どうしてみの、小倉、堀尾が出掛けるのか疑問視する声もある。物見遊山ではないかというわけだ。
 まずはみの。アナウンサー生活45年で五輪取材は初めて。7月30日から8月2日にかけて現地の特設スタジオから生放送する。「朝ズバ」は05年開始のため、五輪は08年の北京五輪とロンドンで2度目。北京の時はみのは東京のスタジオから伝えた。なぜ今回は現地なのか。
「最近は視聴率が盛り返しており、論功行賞の意味もある。去年はギャラのダウンも伝えられ、本人は『降りる』とごねた経緯もあるから、ご機嫌とりの面もあるのではないか」(TBS関係者)
 小倉は今回のロンドン五輪取材が最後ともっぱら。「とくダネ」は以前から打ち切り説がくすぶっているからだ。
「今回は特別な意味を持つ五輪取材でしょう。取材費も普段より上積みされるようで、それは小倉に対する慰労金の意味合いもある。問題は彼の解説です。五輪通で一家言ある人ですが、知ったかぶりが過ぎると鼻につきますからね」(フジ関係者)
 堀尾はアテネと北京と2回の五輪取材を経験している。
「NHK時代を含めると五輪取材の経験は豊富です。スポーツの知識もあるし、まじめにデータを収集してユーモアをまじえてリポートするタイプです」(放送評論家の金沢誠氏)
 五輪に懸ける思いは三者三様だが、みの、小倉よりは堀尾が期待できそうだ。

(日刊ゲンダイ2012年7月14日掲載)


cinema staffが昨日7月15日にLIQUIDROOM ebisuにてワンマンライブ「望郷」を開催した。

【大きな画像をもっと見る】

このライブは、メジャーデビュー作「into the green」のリリースを記念して、彼らの地元岐阜および現在の拠点である東京にて行われたもの。本編は新旧の楽曲が並ぶセットリストが組まれ、バンドの変遷をたどる集大成的なステージが繰り広げられた。

この日、緊張した空気が漂うステージに順番に登場したメンバーは、1人ひとり丁寧にオーディエンスに挨拶。「水平線は夜動きます」という言葉から、三島想平(B)がイントロでアコースティックギターを奏でる1曲目の「水平線は夜動く」へ。飯田瑞規(Vo, G)の伸びやかなボーカルが響き、フロント3人の丁寧なアンサンブルと久野洋平(Dr)の力強いリズムと絡み合う。続けて辻友貴(G)のディストーションギターが曲の世界観を彩る「AIMAI VISION」、バンドの激しい側面が炸裂する「daybreak syndrome」が披露された。三島が「まだまだいけるでしょ?」と煽ったところで、会場の熱気はますます帯びていく。飯田のエモーショナルなボーカルをバックに三島と辻が楽器を抱えて暴れた「AMK HOLLIC」など轟音ナンバーが続く。そして、ヒステリックなギターのイントロから疾走感あふれるサウンドへと流れる「優しくしないで」で、フロアは大きく揺れた。

MCで飯田は「今回は『into the green』をひとつの節目としてcinema staffの歴史をたどるセットリストにしてるんですが……」と「望郷」のコンセプトを説明。さらに「9月に『SALVAGE YOU』というミニアルバムをリリースします。次の2曲はそのアルバムからのナンバーです」と、辻の跳ねるようなギターフレーズから始まるドラマチックな「奇跡」と、深緑のライトがノスタルジックなサウンドを彩った「warszawa」をオーディエンスにプレゼントした。

その流れをくんだまま間髪入れずに「実験室」が始まるはずだったが、飯田のギターがノイズ混じりになり、ライブは一時中断を余儀なくされる。しかし不測の事態にあってもメンバーはオーディエンスを楽しませることを忘れない。三島は「『望郷』のコンセプト的にあんまりしゃべらないってのがあるんですが……」と笑いながら、「技術は日々向上しようとスタジオに入ってます。日々こういうトラブルがないよう練習してるんですけど。全然テンパってない!」と語り、久野をフロントへ呼び出しギターの弾き語りをリクエストしたり、辻をいじったり、トラブルも笑いに変えてみせた。

飯田のギターが無事復活したところでライブも再開。トラブルを引きずることなく、メンバーは1音目を奏でた瞬間に「実験室」の世界へと入り込んでいく。その後、ライブはクライマックスに向けて加速。合間に三島は先輩の9mm Parabellum Bulletのライブを観にLIQUIDROOM ebisuに足を運んだ思い出を明かし、「自分がここでライブするなんて思わなかったけど、続けるもんですね」としみじみ語った。メンバーは手元を確認しながら、何度もフロアに視線を投げ掛けつつ、激情がほとばしる「super throw」、めまぐるしい展開が聴き手を翻弄する「想像力」など激走ナンバーを次々と届ける。

「自分とこの場に来ている皆様、我々の音楽を聴いてくれる皆様を幸せにできる音楽を作りたい。まだまだ続けていきたいと思います。我々は岐阜から来ましたcinema staffです」と改めて三島が挨拶したことをきっかけに、「into the green」が始まる。初々しさとみずみずしさをたたえたサウンドと飯田のボーカルがフロアいっぱいに広がり、終盤はcinema staffらしくギターのハウリング音が深い余韻を残した。

「into the green」で本編を無事完結したことを受けて、アンコールは遊び心も盛り込んだ内容に。まずは先輩9mmの「Talking Machine」をcinema staff流にカバー。飯田の透明感ある歌声と、三島のシャウトのコントラストがオーディエンスを魅了していた。そしてラストナンバーの「Poltergeist」では、久野の4つ打ちのドラムに乗せて、トリッキーなギターや飯田と三島の絶唱やシャウトが響く。彼ららしい混沌とした空気が漂う中で、cinema staff初のLIQUIDROOM ebisuワンマンはフィナーレを迎えた。

ライブ終了後メンバーは、ナタリーの取材に対してそれぞれに心境を吐露。三島は「トラブルもあってバタバタした部分もあったけど、オーディエンスの待っていてくれる感じが伝わってきて楽しかった。トラブルがあった分課題も見えてきたし、いいライブになったと思います」、久野は「一筋縄ではいかないライブだったけど、それも楽しかった。やっぱりLIQUIDROOMって(自分たちが)観に来るハコだったから、自分たちのイベントができるのがうれしかったし。11月にもう1回ライブがあるんでもっといいライブにしたい」と語った。

昨日のライブで一番緊張したであろう飯田は、「トラブルもあったけど、その分たくさんのスタッフやファンに支えられてるのを感じられましたね。ホントにメンバーに支えられてるなと」とコメント。辻は「今日はホント楽しかったですね。生ならではのトラブルもありましたけど、それがあったから後半のライブが生きたかなと。4カ月後のリキッドでのライブは会場に穴を空けたいですね。それくらい盛り上がるライブがやりたいです」と意気込んだ。

なおcinema staffは9月5日に新作ミニアルバム「SALVAGE YOU」を発表。同作をタワーレコードもしくはTSUTAYA RECORDSにて購入すると、LIQUIDROOM ebisu公演の模様を収録したDVDがプレゼントされる。なお収録内容は、購入店によって異なる。

cinema staff「cinema staff 1st E.P.『into the green』release oneman live『望郷』」
2012年7月15日 東京都 LIQUIDROOM ebisu セットリスト

01. 水平線は夜動く
02. AIMAI VISION
03. daybreak syndrome
04. ニトロ
05. AMK HOLLIC
06. 部室にて
07. シンメトリズム
08. 第12感
09. 優しくしないで
10. KARAKURI in the skywalkers
11. 奇跡
12. warszawa
13. 実験室
14. skelton
15. 棺とカーテン
16. 白い砂漠のマーチ
17. super throw
18. 想像力
19. 君になりたい
20. into the green
<アンコール>
21. Talking Machine
22. Poltergeist


 「TSUTAYA」を展開するレンタルCD・DVD最大手のカルチュア・コンビニエンス・クラブは、団塊世代を中心とするシニア世代の集客増を狙い、60 歳以上はDVDのレンタルを毎日1本無料にするというサービスを始めた。入会金も無料で「1本のみ毎日借りる方も歓迎です」と同社広報は話している。

 60代以上では「レンタルする習慣がない」と答える人が予想以上に多いため、無料サービスをきっかけに「新規参入」させるための大盤振る舞いだそうだ。

■60代の35%が「生まれてから一度も利用してない」

 「TSUTAYA」の60歳以上毎日1本無料サービスは2012年7月13日から8月12日までの1ヶ月間、一部の店舗を除き全国で実施される。対象はレンタル開始日から1年以上経過したDVD、ブルーレイ、VHSで、レンタルの利用の手軽さや、「TSUTAYA」 のラインナップの豊富さなどを体験してもらい、新規顧客増につなげたいと考えている。

 「TSUTAYA」がシニアに向けたサービスを拡充するのは、レンタル利用に馴染みの無い人が多いため。キネマ旬報総合研究所が2011年10月に行った「映像メディアユーザー実態調査」によれば、60 代は35%の方が「生まれてから一度もビデオレンタルを利用したことがない」と回答している。これは下の世代に比べ約2倍の多さで、レンタルしない理由は「以前からレンタルする習慣がないから」と約半数の人が答えている。「TSUTAYA」はこの結果を「食わず嫌い」と判断し、それならば一度レンタルを経験してもらおうというわけだ。

 「TSUTAYA」ではこれまでもシニア顧客にアピールするため、1960~90年代のお奨め映画を復刻したり、店まで返却に行くのが大変な人には郵便ポストに返却する「TSUTAYA」郵便返却サービス」を展開したりしている。11年12月には団塊の世代をメーンターゲットにした落ち着きと幅広い品揃えを持たせた「代官山蔦屋書店」を東京・渋谷区にオープンさせている。

■「TSUTAYAさんの腕の見せ所だと思いますよ」

  「無料貸し出しをきっかけに、レンタルをするというライフスタイルが団塊の世代に浸透し、若い人に人気のアニメやアイドル作品なども鑑賞していただいて家族団らんなどにも役立ててもらえればと思っています」

と同社広報は説明する。

 ただ、アンケートにもあるようにどうして団塊の世代はレンタルする人が少ないのか。レコードレンタル店が日本に登場したのは70年後半で、80年代に爆発的に利用者が増えているため、団塊の世代にとって馴染みがあるはずなのだが。

 音楽評論家の加藤晋さんは現在60代。

  「50代までの世代ならレンタルのライフスタイルは自然に身に付いていると思いますが、団塊の世代は抵抗ある人が多いんですよ」

と説明する。

 加藤さんが子供の頃にレンタルといえば貸し本屋でマンガを借りてくること。その行為が「貧しさの象徴」としてイメージされ、レコードレンタルが大ブームになった時もそのイメージで敬遠する人が多かった、という。また、レコードや本にしても欲しいものは「収集」する、という傾向がある。例えば、レコードならば何千枚も自室にストックし、聴きたいときに自由に棚から出して聞く、そんなスタイルに憧れる。また、若い頃は日本映画の黄金期で、映画は映画館に行って見る習慣があり、見た映画の一つ一つと映画館がセットになって自分自身の「財産」になっている、と指摘する。

  「団塊の世代をレンタル店に足を運ばせる、これは相当な意識改革が必要で、無料でも難しいんじゃないですかね。TSUTAYAさんの腕の見せ所だと思いますよ」

- HOME -
タイニードカーン・プロ
↓↓ 視力回復 ↓↓
↓↓ iPhoneアプリ ↓↓
↓↓ ロトイーグル ↓↓
リンク
フリーエリア
Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ