忍者ブログ
最新芸能ニュースをアップしていきます。 アフィリエイト情報も随時UPします。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
HN:
geinou
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
フリーエリア
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 これまで「特区構想」をはじめ、開設に向けて検討されては消えていった日本の「カジノ」。その実現に向けて、楽天の三木谷浩史社長や橋下徹・大阪市長が動きはじめた。

 カジノの誘致には大阪府・市や東京都が名乗りを挙げているほか、これまで沖縄県や北海道なども「候補地」とされた。外国人観光客の誘致による観光事業の振興や地域の活性化、産業創出や雇用確保、税収増などの効果が見込めるとされ、「経済再生」を掲げる安倍政権の方針に合致する、ということのようだ。

■三木谷社長、風営法の改正も提案

 なかなか煮え切らなかった「カジノ」構想の実現に向けた動きが、にわかに活発になってきた。

 安倍政権が掲げる経済政策の「成長戦略」に向けた政策提言を担う「産業競争力会議」の第1回会合(2013年1月23日開催)で、委員の一人である楽天の三木谷浩史社長がカジノの開設と風営法の緩和を提案した。

 三木谷氏が提出した資料「Japan Again」によると、日本の経済成長に必要な「ブランド力(超過収益力)」を高めるためには、「海外マネーを引き寄せるサービス・コンテンツ作り」が欠かせず、その手段の一つとして「大都市の娯楽的魅力の向上」を提案している。

 寺社仏閣めぐりや自然観賞といった日本の歴史や文化、自然環境で得られる「観光収入」だけでは限りがある。観光事業を「経済政策」としてとらえるのであれば、たとえば医療ツーリズムやカジノ、現在は風営法の規制対象となっているクラブやダンスホールなどの娯楽の魅力向上が必要、と指摘している。

 三木谷氏の提案は、政府が訪日外国人客数を3000万人まで増やすことを目標とした、いわゆる「ビジット・ジャパン」の主旨にも沿う。

 当初は2003年の年間521万人の訪日外国人客を、10年までに1000万人にすることを目標としていたが、リーマン・ショック後の世界不況や11年の東日本大震災と原発事故の影響もあって思うように伸びない。日本政府観光局(JNTO)によると、12年は836万8000人(前年比34.6%増、10年比2.8%増)だった。

 資料によると、アジア太平洋地域の中にあって日本の観光収入は現在109億6600万ドルで第10位。韓国(8位)や台湾(9位)よりも低く、三木谷氏は現在5位のマレーシア(182億5900万ドル)の水準を目標としている。

 現在の日本の法律では、刑法185、186条などで賭博行為が禁止されており、カジノの設置は認められていない。外国人観光客を呼び込み、観光収入をアップするためには、カジノの開設に向けた法改正や風営法の改正が必要というわけだ。

前へ12
2ページ中1ページ目を表示


引用:「日本にもカジノ」構想動き出す 橋下大阪市長、楽天三木谷社長が前向き



PR

 この時期になると慌ただしくなるのがテレビ局の春の番組改編。滝川クリステルの「Mr.サンデー」降板など、少しずつ大枠が固まりつつある。

 今回、大きな話題になっているのは、フジテレビが「ドラマチック・サンデー」と冠し、2年前に新設したドラマから撤退することだ。芦田愛菜と鈴木福の「マルモのおきて」の大ヒットでTBSの「日曜劇場」に肉薄したが、それもつかの間、昨年はオダギリジョー主演の「家族のうた」が3%台を連発し、あえなく打ち切りが決まった。

「フジは04年から10年までの7年間、年間視聴率3冠王に君臨していましたが、今では日テレ、テレ朝に続く第3位。ドラマチック・サンデーの低迷が足を引っ張った感は否めません。この放送枠は花王の単独提供です。機嫌を損ねないためには視聴率を回復させなければなりません。お家芸のバラエティーにします」(マスコミ関係者)

 他にも、日テレが「ガチガセ」などゴールデン枠のバラエティー2本を打ち切ったり、テレ朝が「刑事110キロ」「二人の刑事」「遺留捜査」と週に3本も刑事ドラマを放送するなど、いくつかトピックがあるが、意外なのは“打ち切り確実”といわれていたロートル司会者たちの番組がすべて残ったことだ。

「タモリの『笑っていいとも!』は視聴率5%台をウロウロしていて、“タモリはもう終わり”なんて言う人がいますが、しっかり残ります。みのもんたの『朝ズバッ!』、小倉智昭の『とくダネ!』も続行です」(前出のマスコミ関係者)

 それでも流れる“打ち切り説”。ベテランの首に鈴をつけたいスタッフがリークしているともっぱらだ。

日刊ゲンダイ



引用:春のTV番組改編 したたかに生き残ったのは タモリ みの 小倉の中高年トリオ




 AKB48を国民的アイドルに育てあげたプロデューサーの秋元康氏(54)が“AKBを卒業する日”をジャーナリストの田原総一朗氏(78)に告白していたことが分かった。28日発売の対談本『AKB48の戦略! 秋元康の仕事術 秋元康×田原総一朗』(アスコム刊)の中で明かしている。

 「齢78にしてAKBにハマり続けている」という田原氏は同著で、「秋元さんは生涯AKBですか?」と、核心をついた問いかけをしている。

 それに対し秋元氏は「いやいや。やっぱりAKB48のサプライズでいちばん驚くのは『秋元康、今日をもってAKBを卒業します!」かなと(笑)。ほんと、僕は卒業すると思いますよ」と語っている。

 さらに秋元氏が続ける。

 「僕はAKB48の創業者か初代校長かもしれないけど、たぶんある程度の形ができたところで僕が交代して、『秋元はスパルタでやったけど、今度のAKBはこう変えたいんだ』という人が出てこないと、逆に続かないと思いますね。これはAKBの宿命です。AKBを守ろうとすれば、それはAKBの進化を止めることでしょう。そのときAKB48は終わるんです」

 その日がいつ来るかは明言していないが、秋元氏はマイクロソフト社を例に出し、「配当に回すカネがあれば全部、設備投資に回して成長を続けたから、投資家たちは誰も文句を言わなかった」とした上で、「あるとき、ビル・ゲイツは配当を始めたんです。たぶん、そこがマイクロソフトのいっぱいいっぱいのところで、その先のビジョンが見えなくなったんだと思います」と分析。

 「AKBに配当らしいものは一切ない」「東京ドームの公演は6億円の赤字が出たそうです」と、攻めのアイドル経営哲学を披露している。

 日頃は政治家から強気の発言を引き出すことで知られる論客の田原氏だが、なぜAKBに惹かれて本まで出したのか。

 田原氏は本紙の取材に、「秋元さんを知ろうと思って、AKB劇場を見に行ったら、AKBにハマってしまった。劇場全体が一体となって盛り上がっていることに驚いた」と語る。

 そして、「メンバーだけが盛り上がっているのではなく、ファンとのコミュニケーションが取れていて、ファンがAKBを育てているという芸能界の今までになかった新しさを感じた」と話す。

 いわゆる“推しメン”は、リーダーの高橋みなみ(21)で、「特にたかみなの一途さにハマってしまった。AKBがわからない人たちもこの本を読めば、その盛り上がりがわかるんじゃないか、と思う」と、すっかりゾッコンだ。

 アイドル本ではなく、ビジネス書としてヒットメーカーの秋元氏に斬り込んだ著書は、話題を呼びそうだ。



引用:秋元康氏“AKBを卒業する日”告白! 田原総一朗氏との対談で




もしポートランドにお出かけの際には、ナイキ社員を見つけて話しかけると何かしらの情報が引き出せるかもしれません。

現在、ナイキがビーバートン・キャンパスで数種類のNike+ Fuelbandをテスト中との情報が入ってきました。初代Nike+ Fuelbandの発売が昨年のこの時期でしたから、新作発表もまもなくといったところかもしれませんね。

さて、この新しいNike+ Fuelbandですが、ある情報筋によると現在発売されているものよりも「薄型」になるそうです。現行モデルは訳者もひとつ持っていますが、たとえばノートPCの形によっては手首につけたNike+ Fuelbandがときどき邪魔になることがあったので、これは嬉しい改善ポイント。

ちなみに次期モデルはカラーバリエーションにあわせて留め具の色も変わるという話。ファッション性もより高まるかもしれませんね。

日本では昨年秋の発売を予定していましたが、まだ未発売のまま。ぜひ次期モデル発売のタイミングで上陸を期待したいところです!


参考記事:http://gizmodo.com/5975754/nike-testing-newer-thinner-fuelband-on-campus [ギズモード米版]

Rumi



引用:クールなリストバンド型活動計「Nike+ Fuelband」の薄型モデル、まもなく発売?




 スマートフォン(高機能携帯電話)向け無料通話アプリケーション「LINE(ライン)」を提供するNHNジャパンは25日、CMキャラクターに石原さとみさんを起用した新CMを発表した。26日から放映する。

 CMはある劇団を舞台にラインの利用者間でよくある光景をドラマ仕立てで描いている。同日、都内で開かれたCM発表会に出席した石原さんは「(私にとって)ラインは生活の一部になっている連絡ツール。ぜひ使ってほしい」とアピールした。

 ラインは会員同士であれば、携帯電話の通信会社を問わず国内でも海外でも無料で音声通話やメールを楽しめるサービス。18日には全世界の利用者数が1億人(国内は4150万人)を突破した。



引用:「ライン」CMキャラに石原さとみさん



- HOME -
タイニードカーン・プロ
↓↓ 視力回復 ↓↓
↓↓ iPhoneアプリ ↓↓
↓↓ ロトイーグル ↓↓
リンク
フリーエリア
Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ