忍者ブログ
最新芸能ニュースをアップしていきます。 アフィリエイト情報も随時UPします。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
HN:
geinou
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
フリーエリア
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 この時期になると慌ただしくなるのがテレビ局の春の番組改編。滝川クリステルの「Mr.サンデー」降板など、少しずつ大枠が固まりつつある。

 今回、大きな話題になっているのは、フジテレビが「ドラマチック・サンデー」と冠し、2年前に新設したドラマから撤退することだ。芦田愛菜と鈴木福の「マルモのおきて」の大ヒットでTBSの「日曜劇場」に肉薄したが、それもつかの間、昨年はオダギリジョー主演の「家族のうた」が3%台を連発し、あえなく打ち切りが決まった。

「フジは04年から10年までの7年間、年間視聴率3冠王に君臨していましたが、今では日テレ、テレ朝に続く第3位。ドラマチック・サンデーの低迷が足を引っ張った感は否めません。この放送枠は花王の単独提供です。機嫌を損ねないためには視聴率を回復させなければなりません。お家芸のバラエティーにします」(マスコミ関係者)

 他にも、日テレが「ガチガセ」などゴールデン枠のバラエティー2本を打ち切ったり、テレ朝が「刑事110キロ」「二人の刑事」「遺留捜査」と週に3本も刑事ドラマを放送するなど、いくつかトピックがあるが、意外なのは“打ち切り確実”といわれていたロートル司会者たちの番組がすべて残ったことだ。

「タモリの『笑っていいとも!』は視聴率5%台をウロウロしていて、“タモリはもう終わり”なんて言う人がいますが、しっかり残ります。みのもんたの『朝ズバッ!』、小倉智昭の『とくダネ!』も続行です」(前出のマスコミ関係者)

 それでも流れる“打ち切り説”。ベテランの首に鈴をつけたいスタッフがリークしているともっぱらだ。

日刊ゲンダイ



引用:春のTV番組改編 したたかに生き残ったのは タモリ みの 小倉の中高年トリオ



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックを送る
この記事へのトラックバックURL:
- HOME -
タイニードカーン・プロ
↓↓ 視力回復 ↓↓
↓↓ iPhoneアプリ ↓↓
↓↓ ロトイーグル ↓↓
リンク
フリーエリア
Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ