忍者ブログ
最新芸能ニュースをアップしていきます。 アフィリエイト情報も随時UPします。
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
プロフィール
HN:
geinou
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
フリーエリア
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 阪神は2日、本拠地・甲子園球場での広島戦に3対1と勝利した。延長11回に新井良太の10号2ランでサヨナラ勝ちを収めた。

 以下は和田豊監督のコメント。
「(劇的なサヨナラだったが?)(新井)良太の思い切りの良いスイングだったが、風がいつもと逆で打った瞬間にいくかなぁという当たりだった。大和が塁にいることで相手が警戒して、真っすぐが多くなっているのを読んで打ったかな。最初は4番目(の打者)ということだったが、何とか追いつこうと研究してやっているものが出ている。

(歳内宏明のピッチングについては?)完全に合格点。全くバタバタせず、落ち着いて投げられた。回を追うごとに真っすぐのキレも良くなって、もうちょっと見たかった。5回が終わって本人に確認したら、初回はかなり緊張していたみたいだけど、ランナーを背負っても抑えて、何か“持っている”選手で非常に楽しみ。初登板ということで5回100球をめどにしていた。1点取られたけど、粘りが勝ちにつながった。
(5回はその歳内のところで、代打・金本知憲でしたね?)マエケン(前田健太)からそう何度もチャンスが無いんじゃないかと、早めに勝負を懸けた。頼りになる選手です。

(監督の誕生日にうれしい勝利ですね?)こんな形で選手がプレゼントしてくれるとは。これを弾みにして、一つでも上に上がれるように。
(巨人が勝ったため、優勝の可能性が完全に消えてしまいましたが?)スタートはそこを目指してやってきたから非常に残念だけど、まだ終わったわけじゃないからね。何とかクライマックスに食い込めるようやっていきます」

取材協力:野球専門誌 Baseball Times



引用:優勝が消滅した阪神・和田監督「何とかクライマックスに」



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックを送る
この記事へのトラックバックURL:
- HOME -
タイニードカーン・プロ
↓↓ 視力回復 ↓↓
↓↓ iPhoneアプリ ↓↓
↓↓ ロトイーグル ↓↓
リンク
フリーエリア
Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ