忍者ブログ
最新芸能ニュースをアップしていきます。 アフィリエイト情報も随時UPします。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
HN:
geinou
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
フリーエリア
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「コンディショニングを整えるのが大事。時間を与えるということ」
 5日、巨人の沢村(24)がプロ入り初の二軍落ち。原監督は突き放すようにこう言った。
 今季の沢村は24試合に登板して9勝9敗、防御率2.73。先発したここ3試合は計12失点と打ち込まれ、3試合連続で白星がなかったから、当然と言えば当然の措置だろう。好不調の波がやたらと激しく、ストライクを取るのに汲々。3点リードを守れなかった4日の阪神戦後には、川口投手総合コーチが「球種を増やすなり、マイナーチェンジしていかないと」と根本的なダメ出しをしていた。首脳陣も業を煮やしたということだ。
 沢村は1年目の昨季、11勝11敗、防御率2.03で新人王を獲得。オフには日本テレビの女子アナ(森麻季)と結婚し、今季はさらなる飛躍が期待された。

「いや、案外、その結婚が不振の原因かもしれませんよ」
 と、言うのは球界の某若手OB。自身の経験を踏まえ、こう続ける。
「守るものができて、それを意気に感じる選手もいれば、プレッシャーになってしまう選手もいます。ちょっと調子が落ちると、周りから『夜の仕事が忙しいんだろ』なんて冷やかされる。笑って聞き流せるタイプならいいですけど、サゲマンなんて言われると、冗談でも“嫁さんに悪いな”と力が入る。かくいうボクがそうで、結婚翌年はプロ入り後最悪の成績に終わった。沢村にしても、田中や平野らにしても、みんな真面目なタイプだから、無関係じゃないと思いますよ」
 実際、沢村のほかにも新婚で今季を迎えた楽天の田中(23)が今季は7勝4敗、防御率2.18と沢村賞に輝いた昨季よりガクンと数字を落とし、故障で2度も離脱した。昨年、パ記録となる49ホールドポイントをマークしたオリックスの平野(28)も今季は63試合に投げて5勝4敗26HPの防御率2.29。ソフトバンクの本多(27)にしても、自身初の打率3割を記録した昨年のシュアな打撃が影をひそめ、今季は98試合で打率.243、0本塁打、25打点と不振をかこっている。
 新妻が胸を張っていられるのは、広島の前田健(24=24試合で12勝6敗、防御率1.54)と日本ハムの中田(23=120試合で打率.237、18本塁打、59打点)くらい。中田も、結婚直前に写真誌を騒がせた前田健もヤンチャなタイプ。2人はそれだけずぶといということだ。

▽甲子園=3万6014人(巨人13勝4敗3分)
巨人000 000 000―0
阪神004 200 00X―6
(勝)メッセンジャー7勝10敗 (敗)江柄子2敗

【セ・リーグ成績表(5日現在)】
◇球団名/試合/勝数/敗数/引分/勝率/差/残り
◆(1)巨 人/119/71/36/12/.664/M17/25
◆(2)中 日/120/62/44/14/.585/8.5/24
◆(3)広 島/119/53/55/11/.491/10.0/25
◆(4)ヤクルト/116/51/55/10/.481/1.0/28
◆(5)阪 神/120/45/63/12/.417/7.0/24
◆(6)DeNA/116/39/69/8/.361/6.0/28

日刊ゲンダイ



引用:新婚選手はみんなダメ



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックを送る
この記事へのトラックバックURL:
- HOME -
タイニードカーン・プロ
↓↓ 視力回復 ↓↓
↓↓ iPhoneアプリ ↓↓
↓↓ ロトイーグル ↓↓
リンク
フリーエリア
Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ