忍者ブログ
最新芸能ニュースをアップしていきます。 アフィリエイト情報も随時UPします。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
プロフィール
HN:
geinou
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
フリーエリア
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ADPOINTPRO-MOBILE-

【関西の議論】

 みかじめ料名目で建設業の男性から現金計4千万円を脅し取ったとして、恐喝罪に問われた指定暴力団山口組ナンバー2で弘道会会長、高山清司被告(65)の公判が、京都地裁(小倉哲浩裁判長)で結審した。恐喝罪の法定刑の上限にあたる懲役10年を求刑した検察側に対し、弁護側は一貫して無罪を主張する“全面対決”の構図だ。首にコルセットを装着し、杖をついて出廷した高山被告の健康状態と相まって、平成24年6月から計9回に及んだ公判は注目を集めてきた。「私は無実です」。高山被告は法廷でそう言い切る。今年3月に言い渡される判決で地裁はどんな判断を示すのか。

 ■「いつもすまんな」

 検察側が主張する恐喝事件の構図を、起訴状と冒頭陳述を元に再現すると、こうなる。

 17年10月26日、高山被告は京都市内の高級料亭で被害男性と会食。同席した山口組系淡海一家総長、高山義友希被告(55)=恐喝罪などで公判中=らを指さしながら、こう言った。

 「日頃これらがお世話になっている。今後も仲良くしてやってほしい。仕事も力を合わせてよろしく頼む」

 これに先立つ17年3月下旬頃から、義友希被告は被害男性に数回電話をかけ、淡海一家の縄張りで仕事を行わないよう通告。さらに、配下の男らが京都市内のホテルで被害男性と会い、拳銃を懐に隠し持つしぐさを見せながら「3億円払え」などと要求していた。

 高級料亭での会食を境に、淡海一家側からみかじめ料名目での現金要求が相次ぎ、被害男性は18年12月18日までに計4千万円を脅し取られた-というのだ。

 その約1週間後の12月25日前後に、京都市東山区の路上で高山被告は被害男性と偶然会い、男性の名前を呼んだ上で、こう声をかけたとされている。

 「いつもすまんな」

 ■芸妓らと宴席に

 これに対し、弁護側は冒頭陳述と最終弁論で事件の構図を真っ向から否定した。以下が要約した内容だ。

 会食の3週間前に当たる17年10月5日。高山被告が義友希被告らと京都・祇園のクラブで飲食していると、偶然居合わせた被害男性が、義友希被告に仲介を頼み、初対面の挨拶と食事の約束を申し込んできた。 被害男性と義友希被告は旧知の仲。挨拶の際に義友希被告に「また一度、この人と飯でもお願いします」と言われ、高山被告は「ああいいよ」と応じた。

 そうして設定されたのが、10月26日の高級料亭での会食。高山被告は被害男性と挨拶程度の会話をしたものの、すぐに芸妓らが入ってきて宴席となった。高山被告は芸妓と話をし、被害男性はもっぱら義友希被告と会話していたというのだ。

 弁護側は、高山被告と被害男性はこの2回しか会っていないとも主張し、18年12月25日前後に路上で偶然会ったことも否定する。

 高山被告が京都を訪れたのは山口組執行部の忘年会があった12月24日。2次会も含め移動は車を横付けしたため「『いつもすまんな』と声をかける場面などない」という主張だ。

 さらに、弁護側は受領書がないことなどから、4千万円の授受についても「直接証明する証拠がない」などと否定している。

 ■「ハゲたおっさんやな」

 高山被告は法廷でどう供述したのか。

 弁護側の被告人質問が行われたのは24年9月28日の公判。被害男性の第一印象を問われた高山被告は、こう言い放った。

 「頭のハゲたおっさんやな」

 焦点となった高級料亭での会食については「先方から持ちかけられた話です」と強調。さらに17年の歳暮から21年の中元まで、被害男性から「メロンが贈られてきた」と主張し、「付き合いに積極的だったのは男性か」との質問には「そうだと思います」と答えている。

 質問は自身の生い立ちにも話が及んだ。野球推薦で名古屋市内の私立高校に進学したが「野球を挫折したから」と中退したことを明かし、「歴史ある町や寺社仏閣などがある雰囲気が好き」と京都への愛着を語る一幕もあった。

 一方の検察側は10月1日の公判での反対尋問で、恐喝事件での共謀を否定しながら被害男性の名前を記憶していた点を、こう追及した。

 「誰かを紹介されて食事をする機会が多いようだが、紹介された人物の名前を全員覚えているものなのか」

 これに対し、高山被告は一言。「よくわからない」と述べただけだった。

 ■コルセットと杖

 一連の公判で、関係者の注目を集めたのが、高山被告の健康状態だ。

 22年12月8日に起訴されて以降、高山被告は「病気」を理由に2度の勾留執行停止が認められ、京都拘置所から京都市内の病院を“往復”した経緯がある。

 「私は無実です」と述べた6月6日の初公判は勾留執行停止中で、高山被告は京都拘置所でなく病院から出廷したが、直後の同12日、京都地裁が保釈を認める決定を出した。高山被告はその日のうちに保釈保証金15億円を納付し、保釈されている。

 病名は明らかになっていないものの、高山被告は公判の際、必ず首にコルセットを巻いている。杖をつき、病院関係者に両脇を支えられるほどだ。

 かつての面影が病気によって薄れた印象はあるものの、高山被告は「ヤクザ界のエリート」と評されている。17年8月、直系組織の弘道会で、篠田建市=通称・司忍=6代目山口組組長の後継として会長に就任。直後に序列が2番目の山口組若頭に抜擢されたためだ。

 17年12月に篠田組長が銃刀法違反罪で懲役6年の実刑が確定、収監されると、留守を預かる間に実質的に山口組を指揮。直系組長に身勝手な行動を許さず、上納金をシビアに徴収するなど辣腕を振るった。

 ■判決は3月

 高山被告の経歴を背景に、弁護側はこう主張する。「(捜査機関は)服役していた篠田組長が出所する前に、どんな理由でもいいから高山被告の身柄を拘束しておきたかっただけだ」

 篠田組長が出所したのは23年4月だが、高山被告が起訴された22年12月は山口組ナンバー3の入江禎総本部長も逮捕されている。時期や経過だけをみれば、警察当局が山口組の弱体化を目指し、トップ3を不在に追い込むことに成功したのだが-。

 「大いなる想像力を働かせて捏造した事実無根のストーリーだ」と言い切る弁護側に対し、検察側は論告で「高山被告の供述は不自然で客観証拠とも整合しない」と指摘。「被害者を代わるがわる長期間にわたって執拗に脅しており、手口を巧妙に練った計画的な犯行だ」と強調した。

 24年は九州北部で暴力団による抗争や発砲事件が相次ぎ、北九州市では暴力団排除に取り組む飲食店主らが襲撃される事件も続発した。検察幹部は「有罪に持ち込める絶対の自信があるし、持ち込まねば暴力団排除の機運に水を差すことになりかねない」と話す。

 11月19日、最終意見陳述で証言台の前に立った高山被告は「弁護人が述べられたこと以外は何もありません。長きに渡る審理、ありがとうございました」と裁判長に頭を下げた。

 注目の判決は25年3月22日に言い渡される予定だ。



引用:山口組ナンバー2“全面対決”判決へ 被害者を「ハゲたおっさん」



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックを送る
この記事へのトラックバックURL:
- HOME -
タイニードカーン・プロ
↓↓ 視力回復 ↓↓
↓↓ iPhoneアプリ ↓↓
↓↓ ロトイーグル ↓↓
リンク
フリーエリア
Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ