忍者ブログ
最新芸能ニュースをアップしていきます。 アフィリエイト情報も随時UPします。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
HN:
geinou
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
フリーエリア
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 中国新聞社は18日付で、遼寧省瀋陽市内の日本料理店で中国国旗が掲げられていると報じた。(写真は「CNSPHOTO」提供)

 9月18日は1931年に満州事変が勃発した日だ。中国では「9.18国恥(国辱)記念日」などとも呼ばれ、さまざまな“愛国行事”が行われる。日本政府が尖閣諸島の国有化を決めたことで、このところ中国では反日感情が高まっている。

 写真の日本料理店、「東京餐庁」は開業して20年以上で、瀋陽市内でも代表的な日本料理店とされる。経営者は日本人だ。これまで、中国のインターネットでも「寿司やうな重は量もたっぷり」、「サービスはいたれりつくせり」、「日本料理が好きな人には、試してみる価値ある店」などと、比較的好意的な声が集まっていた。

 同店が中国国旗を掲げたことは、あらためて「中国社会に根づいた営業をしている」ことをアピールしたことになる。反日運動が一部で暴動化したことで、中国に在留する日本人や日本企業は、大きな不安を抱えることになった。

◆解説◆

**********
 日本と中国の間に、尖閣諸島などの問題で対立があることは事実だ。しかし、中国国内で活動している日本人は、中国人の主張にも接する機会が多い環境にある。仮に中国側の言い分が正しいとすれば、中国に滞在する日本人は、中国の主張を理解してもらえる可能性が高い人々であるはずだ。見さかいのない日本人や日本企業への攻撃は、「潜在的な味方を傷つけている」点で、“戦術”としても理性を失っていると言わざるをえない。(編集担当:如月隼人)



引用:緊張の中国9.18…中国国旗掲げる瀋陽の日本料理店



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックを送る
この記事へのトラックバックURL:
- HOME -
タイニードカーン・プロ
↓↓ 視力回復 ↓↓
↓↓ iPhoneアプリ ↓↓
↓↓ ロトイーグル ↓↓
リンク
フリーエリア
Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ