忍者ブログ
最新芸能ニュースをアップしていきます。 アフィリエイト情報も随時UPします。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
HN:
geinou
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
フリーエリア
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 甲高い声が、小平グランドに帰ってきた。自然と周りも明るくなるその声の主は「もうちょっとかな。まだ大きなゲームになると、目が慣れていないから、どうもうまくいかない」と言った。

 J1・FC東京のMF羽生直剛が左足足底筋膜炎のけがから復帰した。32歳となる年齢は、チーム最年長のルーカスに次いで上から数えて2番目。ただし、背中で語る前に、ついつい声が出てしまうタイプらしい。周りを茶化し、茶化されてチームを盛り上げる。取っ付き易いベテラン選手が、ピッチに立つと、自然と小平のピッチが華やいだ。

 練習では、ミニゲームで自ら放ったシュートがゴールに決まると、右手を高々と挙げて派手に喜び、チームメートの好プレーには「ナイス」と大声で応えた。ランコ・ポポヴィッチ監督は、その姿に「ニュウ(羽生)を見ているだけで気持ちよくなるよ」と笑顔をつくる。ただし、こうも付け加えた。

「若い選手たちには、ニュウと練習できることを普通だと思ってほしくない。ニュウからは見習うべき数多くのことがある。そういう選手の近くでプレーする、学ぶことで自らの成長を早めることができる。だから、彼が今ここにいることは当たり前だと思ってほしくない」

 決まって週に一度は、練習終わりに芝生の上に座り込み、周りを見渡しながら考えにふける。そうした時間が、羽生をピートの効いたモルトウイスキーのように味わい深い独特の香りを放つ選手にした。

 常にプレーに意図を忍ばせてきた。羽生が走ればスペースが生まれ、守備では最も危険な場所をいち早く埋めた。何気なく発した声であってもそれが誰に向けられ、どのタイミングだったのかを見ると、それだけでなるほどと思わせる。羽生の復帰は、けが人続出で不安定な戦いを続けてきたFC東京にとってはあまりにも大きな話題だ。

 さらに、今節の横浜F・マリノス戦からベンチに座ることが濃厚となった。「練習試合にも出ていないし、ちょっと長いボールの距離感が合わなかったりする。まだまだですね」と言いつつも、羽生は今自分にできることを探している。それがこの言葉一つとっても分かる。

「おいしいところは、狙っていきますよ」

取材・文:馬場康平



引用:FC東京に頼れる男が復帰、羽生「おいしいところは狙っていく」



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックを送る
この記事へのトラックバックURL:
- HOME -
タイニードカーン・プロ
↓↓ 視力回復 ↓↓
↓↓ iPhoneアプリ ↓↓
↓↓ ロトイーグル ↓↓
リンク
フリーエリア
Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ