忍者ブログ
最新芸能ニュースをアップしていきます。 アフィリエイト情報も随時UPします。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
HN:
geinou
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
フリーエリア
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 日本産業カウンセラー協会は、9月10日の世界自殺予防デーに合わせて行った無料電話相談「働く人の電話相談室」の結果を発表した。12日まで全国13支部で開設し、3日間で計922件の相談を受け付けた。

 [フォト] 大卒=エリート「今は昔」…就職後ケアが必要

 内容をカテゴリー別でみると、パワハラ・セクハラなど「職場の問題」が30.4%(前年28.5%)でトップとなり、求職・転職など「キャリアカウンセリング」が15.0%(同8.4%)と続いた。

 前年と同様に無職からの相談が最も多く全体の27.7%を占めた。40代以降からの相談では「いったん職を失ってから、就職活動期間が数年にわたる相談者も多く、長引く失業で金銭的、精神的に追い詰められ、生きる気力を失っている」と感じた一方、20代などの若年層は過重労働の相談が多く、「厳しい就職活動の経験から、仕事を失うことに強い不安を抱いている」と感じたケースが多かったという。

 相談者の50.7%が以前にほかの場所で同じ相談をしたことが「ある」と答えたが、「相手にしてもらえない」「適切な対応を得られない」「事態がより悪くなった」といった訴えが少なくなかったという。

 今回対応した産業カウンセラー220人に事後アンケートを実施したところ、自殺予防の観点から9割以上が「身近で相談できる人がいること」が重要だと考えていた。問い合わせは同協会事業推進部(電話番号03・3438・1298)まで。(産経デジタル)



引用:職場の相談が1位、求職・離職も増加 働く人電話相談



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックを送る
この記事へのトラックバックURL:
- HOME -
タイニードカーン・プロ
↓↓ 視力回復 ↓↓
↓↓ iPhoneアプリ ↓↓
↓↓ ロトイーグル ↓↓
リンク
フリーエリア
Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ