忍者ブログ
最新芸能ニュースをアップしていきます。 アフィリエイト情報も随時UPします。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
HN:
geinou
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
フリーエリア
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 

F1ドライバーのミハエル・シューマッハ選手と、ニコ・ロズベルグ選手。両選手がメルセデスベンツの高性能車部門、AMGのエンジン組み立てに挑戦した。

画像:AMG製エンジンを組み立てる両選手

これは7月21日にドイツ・ホッケンハイムで開かれるAMGの最新作、『CLS63AMGシューティングブレーク』のワールドプレミアに合わせて企画されたもの。両選手がAMGのファクトリーを訪問し、同車のエンジン組み立てにチャレンジした。

両選手が組み立てたのは、「M157型」と呼ばれる直噴5.5リットルV8ツインターボエンジン。両選手はAMGの職人の指導の下、「エディション1」と呼ばれるパワーアップバージョン用の最大出力557ps、最大トルク81.6kgmユニットのピストンやシリンダーヘッドを組み付けた。

そして、完成したエンジンには、AMGの慣習に従い、両選手のサイン入りプレートを装着。ニコ・ロズベルグ選手は、「AMGのV8エンジンを組み立てるのは、興味深い挑戦だった。AMGのエンジン製造に携わる全ての人に敬意を表したい」とコメント。

また、ミハエル・シューマッハ選手は「AMGは、まさにエンスー集団。モータースポーツの分野でも、パフォーマンス追求への情熱を持ち続けている」と語っている。


《レスポンス 森脇稔》

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックを送る
この記事へのトラックバックURL:
- HOME -
タイニードカーン・プロ
↓↓ 視力回復 ↓↓
↓↓ iPhoneアプリ ↓↓
↓↓ ロトイーグル ↓↓
リンク
フリーエリア
Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ